-

車の見積額をできるだけ大きくするのには、、マイカーを手放す時期タイミングも大事なポイントです。

わざわざお店まで自分の車を運転して見積もりをしなくてもサイトで車業者に自動車の買取査定依頼をすれば直ぐ売却額査定価格を概算見積りしてくれますが、乗り換えを検討している中古車を多少でも高額で売ることを考慮すればいくつかの気を付けるべきことがあります。

どんなものが挙げられるかというと、まず走行距離があります。

走行距離というのは愛車に対する売却金額の査定でも大切なベンチマークとされる指標として認識されています。

どの程度の走行距離で売却するのがベストかと言いますと中古車の査定に影響するのは50000kmという説が有力ですから、そこをオーバーするより前に買取査定をお願いして手放すとよいでしょう。

メーターが40000kmと100000kmでは当然、査定対象車の買取価格は評価がことなります。

次に、車検も重要です。

当然、車検というのはお金が掛かっている分車検に出すまでの時間が長いほど売却額は大きくなると思うかも知れませんが、車検の前でも後でも自動車の見積額にはそれほど影響がありません。

こうしたことは本当に実行するとはっきり実感するはずです。

車検に出す前は売却を考える時期としてはタイミングがいいです。

反対に、売却額を吊り上げるために、車検の後に見積もりに出そうと考えるのはお金と手間がかかるだけであまり意味がないということです。

その他に専門業者に車を売るタイミングとしては2月と8月が狙い目と言われている時期です。

なぜかと言いますと買取業者の決算の時期が3月と9月になっているところが多いためです。

そのため例えば、1月に売ろうとしたらもう少し待って2月に車の見積もりを依頼して手放すのもありだと思います。

所有者都合もありますから、皆が皆こういった時期に売るなどというわけにもいかないかもしれませんが可能であればそのような時期を狙ってみると良い結果になりやすいと思います。

Category

リンク