-

特定調停という方法も任意整理とほぼ同じく、それぞれ債権を有する者に対して借金の支払いを継続することを前もって決めた債務を整理する選択肢になります。

言い換えるなら裁判所における負債整理といえます。

任意整理による方法と同じく、自己破産手続きとは違ってある部分だけのお金のみを処理していくことになるので、保証人が関係している借金以外について手続きをする場合やクルマのローンを除いて整理していく際などにおいても用いることもできますし築き上げてきた資産を手放してしまう必要がありませんのでクルマや戸建て住宅などの財産を保有していて手放したくない場合などでも活用できる借金整理の方法といえるでしょう。

手続きを取った後返済する額と収入を比較検討してある程度返済の計画が立つようである場合はこの手続きを進めるほうが良いですが破産と違って返済義務自体がなくなってしまうということではありませんので負債の金額が大きい場合などは、残念ながら特定調停の方法を取るのは困難になるということになります。

あと、この手順は裁判所という機関が解決に当たりますので司法書士等にお願いしなくても立場が弱くなってしまうことがないという点や処理のための諸費用を節約できるという良いところはあるのですが、各債権者からのきびしい取り立てに自ら処理していく必要がある点とか裁判所に何回も出頭することが求められるといった留意点もあります。

さらには、任意による整理との比較点ですがこの方法で解決できない際には利子をそのまま付けた状態で渡していかないといけないという点や最終的には貸方に払っていく合計額が任意整理による手続きの場合と比較して割高になる傾向がみられる等のデメリットもあります。

Category

リンク