-

処分をする車の査定のポイントとして重要度の大きいところに走行距離などがあげれられます。

一般的に走行距離はマイカーの寿命と考えられることも多くありますので、走行距離というのは長いだけ、売却額査定の際にはマイナス面になります。

基本的には走行距離だけで見れば少ない方が自動車買取額は高値になりますが実際のところそんなに詳しい基準はないため決められた基準で査定額が算出されます。

こういったことは現実に自動車を買い取り専門業者で売却に出す時も重要視される重要な注意点のひとつです。

例えば普通車の場合年間走行距離10000キロが基準としてこれを超えて走っていると一般的にマイナス査定になるのです。

軽自動車ですと、年間8千キロがまた年数が経っているのに走行距離が非常に短いという場合でも見積額が上がるというものでもありません。

実際に実行するとよく感じられると思いますが、車はある程度走らせることによっても車両のコンディションを維持できるものなので、あまりにも短い走行距離の自動車だと、破損のリスクが大きいと見られることもあるでしょう。

車を手放す際も同様です。

普通は年式・走行距離での買取査定のポイントは、保有年数と比べて適切な距離を走っているかというところです。

さらに愛車の初年度登録からの経過年数も、自動車の見積査定の小さくない注意点です。

十分に把握しているというような人が多数と思っていますが、通常は年式が新しい方が査定では有利なのですが、例外としてそのシリーズに希少価値があるものは新しくない年式でもプラス評価で見積してもらえる場合もあります。

同一ブランドで同様の年式であったとしてもその年式の中でマイナーチェンジやモデルチェンジなどが発表されているケースは、もちろん、それぞれの場合で見積額は変わります。

同グレードの車の売却額といってもコンディションにより査定額は多少変わってくるものです。

Category

リンク