-

プロパーカードというものを手に入れるならば、利用希望者である当人がカードを使用可能な年代であるという制約が存在します。

例外はもちろんないわけではないとは言うものの、普通は18歳から定年までの保有希望者が対象だという一般則に用心したい。

20歳未満は両親の承認が前提⇒まずはお伝えできるのは利用希望者が高校三年生にあたる18歳以下のタイミングではクレジットの所持は出来ないと考えて頂いた方が良いでしょう。

中学卒業とその直後から雇われ人として給料をもらっている青年の方も多くいらっしゃると考えますが車の免許証の類いと何ら変わらず設定された歳になるまでの間においては保持は難しいと考えて頂いた方が妥当でしょう。

18歳あるいは19歳の場合〉もしも高校卒業直後の18才?19才の大人でない方の条件であるケースには、並外れて高収入の職場に就職しているということで給料が高いというときでも親権者の許可をもらうことが前提条件とされているのでこのような点においても注意が必要。

補足すると、学部生あるいは専門学校通学者などの在学生には、学生専用カードなどと呼ばれる学生のお財布事情に合わせたクレジットカードがあるため、それらのクレカを申し込むことにするのが安全です(学生カードに対する申請でないと申請手続きが通らないなどということはように考えられます)。

自らクレジットの申込をしなくても父もしくは母といったご両親の方々が保有されているクレカの家族カードという代物を保持させて頂く手段なども一つの手法であるので日頃の家計簿の計算が大変だというように思うようであれば頼み込んでカードを作ってもらうのも手と言えるでしょう。

18歳であろうとも高等学校生はクラシックカードを保持できない:また、もしも18歳の誕生日を迎えた以降の状態だったということであっても高校の学生はプロパーカードを保持するようなことはまず出来ません。

とは言え、専門的な訓練等を学習するような特別な4年在籍する必要のある学校や5年以上在席する必要のある高等学校(商業高校といった学校)のケースについては高校生でも生徒用のカードの使用が認められるケースが存在するので保有を検討している状況であればクレカ会社のカスタマーセンターに電話してみて頂くと、詳細を教えてくれるはずです。

Category

リンク