-

週刊誌の宣伝広告、ゴシップ紙、街角に張り付けられた広告やDMなどで「債務の効率化手伝います」「債務をまとめましょう」と書かれたアピールを読むことがよくあります。79-8-7

そのようなものは、「整理屋」「買取業者」「紹介屋」という名称の会社の宣伝のときがあったりします。酵素ドリンク

そういったものを使用した場合には自己破産申し立ての中で一番大切な免責認定をもらえない可能性がありえます。79-20-7

「整理人」の場合は、ダイレクトメールなどで負債者を引きつけ常識外の代金をもらって負債整頓をしますけれど、負債整理はされず、依頼者はより借金スパイラルに陥るケースがほとんどと予想されます。79-9-7

「買取人」ではカードでデジタル用品、飛行機のチケットを注文させて債務人からこれらの品物を売値の1割もしくは半額で購入するという手口が主です。79-2-7

依頼者はそのときはお金が手に入りますが、少しすればクレジット業者経由の買ったものの全額の督促が送られてきて、本当は債務を増大させることになってしまいます。79-3-7

このときはカード業者に対しての詐欺ということになり免責許可をもらえません。79-16-7

「紹介業者」というのは、名の知れたサラリーマン金融から借りられなくなった債務人に業者として融通は全然せずに、貸出を可能な関係無い業者を紹介して、高い費用を請求するグループです。79-4-7

つなぎ屋は直接の苦労で金貸ししてもらえたというように報告しますが本当のところは何もしていなくて、審査の緩やかなサービスを伝えているというだけです。79-14-7

この場合も実際は債務額を増やす結末となります。79-5-7

Category