-

「スプレッド」とはFX投資は通貨をトレードして収益を稼ぐ商品です。買ったり売ったりの値はいつも変動しています。それがレートです。ラジオのニュースを聞いていると通貨の為替相場の話題が流れる状況があります。よく見るのが「本のドル円相場は1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という具合です。それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという事を示しているのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭であることを示しています。要するに、買値と売値の2個の値が存在します。売値、買値ではなくビット、アスクと表示しているFX取引会社も存在しています。一般的に売値が低い値段に決められています。実際に買うときには高く、売るときには安くなるはずです。この差分をスプレッドといいFX業者の収入のひとつといわれています。スプレッド幅は取引会社によって変化します。スプレッド幅は自分にとって手数料になるので低い取引業者をピックアップするほうが有利になります。ただ、同じFX業者でも場面によってスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。もしもいつもはドル円の通貨ペアでわずか1銭のスプレッドの広さであるとしても、為替の上げ下げが激しい状態では1銭よりも広くなったりします。そのため、スプレッドが小さいのと同じく、変化が小さいということが不可欠です。今では決まったスプレッドの狭さを見せるFX業者もあったりします。実際に取引業者の注文画面の上で市場を確かめなければ判断できないのですが、とても大切なことです。大切な投資資金を投じて売り買いをするのだから注文の前に興味を持った業者の新規取引口座開設を全部して、示されているスプレッドの広さを実感しましょう。同じペアでも、その時間帯の外国為替市場の状況によって、通貨ペアのスプレッドの差は変化します。おおむね、インターバンク相場で取引量の多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッド幅が小さく、あとの外貨ではスプレッドの差が広くなる事があります。

Category

リンク