-

重量税は、国産メーカーの車でもドイツ車という車の生産国やミニバン、ステーションワゴンというような車の形も例外なく、たとえばダイハツやポルシェ、などでも通常納付しなくてはいけないものなんです。新車登録をする際あるいは車検に出す際に納付する税になります。税額は自動車の車重毎に定められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると全然別の税ですから、間違えないようにしなければなりません。「自動車重量税という税金は自動車のウエートによって」「自動車税というものはクルマのリッター数によって」その税額が異なります。また売却する際の対応も変わりますから、注意しなければなりません。クルマを買い取ってもらう時には支払った車の額がどれだけ残っていた場合でも、その税金が返還されるようなことはありません。一方で、自動車税でしたら、既に支払った税額を買取額に足してくれる事例があるものの重量税については上乗せされるといったことはほとんどないのです。重量税については車の処分時に既に支払った税額があるからと言って中古車専門業者の方でその事実が忖度されるケースはほとんどないです。ですのでその次の支払い、つまるところ車検まで待った上で手放すということが一番良いです。中古車の売却時は考慮されないのが重量税ですが、一定の条件のケースだと還付していただける可能性があります。というのは車検の効力が残ったままの車を廃車処理する時。廃車申請をすると残っている期間に従って税金が還付されます。ただ自動車買取時はそのクルマが廃車されるのとは違って還付されません。また、クルマの名義変更をした際や盗難被害に遭った際も返金してもらうことはできません。自動車重量税の残っている期間がある車を買い取ることは要は車検が残っているクルマということです。そのことを店側も忖度しますから重量税の期間が残っていれば、少しは買取金額は増えるでしょう。当たり前ですが、買取金額は店により変わりますが車検がまだあるということが考慮されれば売却する自動車の査定額と比較するとあまり払い損ということもありません。

Category

リンク