-

民事再生という選択は住宅ローンを含む複数ある債務に悩む方をターゲットとして、マンションを維持しながら経済面で立ち直っていくための法的な機関による債務を整理する選択肢として2000年11月にスタートした選択肢です。民事再生には、破産とは違い免責不許可事由はないので競馬などで借金がふくらんだのであっても可能ですし、破産手続きにより業務できなくなる可能性があるポストで仕事をされているような人でも手続きが可能になります。破産手続きでは、マンションを保有したままにするわけにはいきませんし、任意整理等では元金は払っていかなくてはなりませんので、住宅ローンなども払いつつ返していくことは多くの場合は難しくなるでしょう。ですが、民事再生という手続きを選択することができれば、住宅のローンを別とした借金は少なくない圧縮することが可能ですので、余裕がある状態で住宅ローンなどを支払いつつあとの借り入れ分を返済し続けることもできるというわけです。しかしながら、民事再生という手段は任意整理や特定調停といった処理とは違い一定の債務を省いて処理を行うことはできませんし破産申告においてのように債務それ自体帳消しになるということでもありません。くわえて、これとは別の処理と比較しても手続きの方法が煩雑で負担もかかりますので住宅ローンがあり住宅を手放したくないような状況を除いて破産宣告等のその他の方法がとれない時だけの最終的な解決策と考えた方がいいでしょう。

Category

リンク